ミルキングは効果なし、ペニス増大もしない

ミルキングでペニスは増大するのか?

ミルキングは、ペニス増大トレーニングの一種です。チントレと呼ばれるものですね。ジェルキングと似たようなトレーニングですが、ジェルキングがペニスを絞り上げるのに対し、ミルキングはペニスを握り圧迫するトレーニングになります。

 

ジェルキングは、マスターベーションのようにペニスに刺激を与えるに対し、ミルキングはマスターベーションとは逆手にペニスを握り、その名の通り、搾乳するような感じでペニスを握ります。

 

ミルキングを行うと亀頭に血液が集まるようになります。この行為を繰り返すことで、次第に亀頭が大きくなったり、ペニスそのものがサイズアップするというものですね。

 

ジェルキングほど激しい刺激をペニスに与えるわけではありません。そのため、ジェルキングのデメリットにあったような包皮が伸びてしまうということも起こりづらいとされています。

 

また、ジェルキングで必要だった潤滑ローションやジェルも必要ありません。そのため、より経済的負担を少なく、ペニス増大を試みることが出来ます。

 

この理由のために、ジェルキングよりもミルキングのほうがチントレとしては推奨されているようですね。チントレを推奨している多くのウェブサイトでは、ミルキングが中心に解説されているようです。

 

YouTubeにも解説のビデオがいくつかアップされているので、興味がある方はチェックしてください。

 

ペニス増大サプリTOPへ

ミルキングがおすすめ出来ない理由とは?

このようにジェルキングと比べるとより効果的なペニス増大トレーニングのように思えるミルキングですが、やはり本サイトでは推奨しているものではありません。

 

それは、ジェルキングほどではないにせよ、やはりデメリットが存在するペニス増大法であるためです。以下にそのデメリットについてまとめていくので、チントレでペニスを大きくしようと考えている方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

第一に、ミルキングは他のチントレと同様にペニス増大の効果を実感できるまで、非常に長い時間が必要になるということがあります。

 

やはり、1年程度はやり続けなくてはいけないようです。成果を感じないまま、1年もこのチントレを続けるというのは、なかなかに難しいことでしょう。多くの方が、いざ実践を始めても、途中で挫折してまうのではないでしょうか。

 

第二に、ミルキングではペニスに強い圧力をかけるものなので、ペニスを炒める可能性があるということです。

 

強くペニスを握るために、ペニスが鈍感になるなんてことになる可能性もあるわけです。いくらペニスがデカくなったとしても、機能不全になどなったら、元も子もないですよね。

 

以上のようなことを考えると、やはりペニス増大法としてはサプリメントの摂取のほうが優れているのではないかと思っています。興味ある方は、ぜひ検討してみて下さい。

関連ページ

チントレにペニス増大効果はあるのか?
チントレでペニスのサイズアップをするのは難しいでしょう。日々トレーニングをするのが面倒だし、何より効果が出るまで時間がかかり過ぎます。サプリメントのが楽チンです。
ジェルキングには副作用がある?
チントレのひとつにジェルキングがあります。この手法にはいくつかのふくさようがあり、おすすめできません。ジェルキングなどのチントレよりもペニス増大サプリがおすすめです。
引っ張り系のチントレも効果は薄い
チントレの一種に引っ張り系のトレがあります。これもやはり、このトレ単体では効果が出にくいものです。より効果的にするには、サプリメントを併用することをおすすめします。