ジェルキングには副作用があり、しかも効果なし

ジェルキングにはペニス増大効果はあるのか?

ジェルキングというチントレ法があります。簡単に言うと、亀頭の増大のためのトレーニング法ですね。

 

ネットで検索するといくつかの紹介しているページもあるため、チントレの中ではメジャーな手法のようです。簡単に説明すると、ペニスの根本から亀頭へ向かって擦り上げる動作を繰り返すというものですね。

 

なんでも1000年以上の歴史がある手法のようです。

 

ジェルキングに関しては過去に医学的研究もなされており、ジェルキングを適切に実施した人の87%にペニス増大の効果があったという結論になっています。これだけ聞くととても惹かれますよね。

 

他のペニス増大法のようにお金もかからず、ただ手を使ってペニスを擦り上げるのみ。それだけでペニス増大につながるならば儲けもんです。

 

ジェルキングをするにあたっては、包皮を根本から亀頭に向かって擦り上げることになるので、潤滑のためのローションやジェルを使用するのが一般的のようです。

 

右手と左手で交互に擦り上げる動作を繰り返していきます。この反復を300会ほどやるそうです。これを毎日繰り返していくという感じですね。

 

手軽に試せる方法なので多くの人が興味を持っているジェルキングですが、本サイトではおすすめしておりません。

ジェルキングをおすすめできない理由とは

ジェルキングをおすすめできない理由にはいくつかあります。以下に列挙していくので、ジェルキングを含めたチントレに興味がある人はぜひ参考にして下さいね。

 

第一に、ジェルキングを続けることによって、包茎になる、もしくは包茎が悪化する可能性があるからです。擦り上げる動作を繰り返すジェルキングは、ペニスの包皮が伸びてしまうという欠点があります。

 

その結果として、包茎状態になりやすくなってしまいます。いくらペニスのサイズアップに成功してもペニスの皮が伸びて見てくれが悪くなっては意味がないですよね。

 

第二に、ジェルキングで成果を出すまでには、長い時間と手間がかかるということです。手間に関しては、既に記述したように、数百回に及ぶ擦り上げを毎日しなくてはいけないということです。

 

この面倒を毎日続けるのは至難の業だと思います。そして、ペニス増大効果が実感できるまでには、実に1年以上の時間を要するとのことです。365日も毎日ペニスを擦り上げるというのは現実的ではないと思います。

 

以上のことを考えると、ジェルキングは積極的におすすめできるものではありません。そのために、本サイトにおいてはペニス増大法としてサプリメントの使用を推奨しています。

 

ペニス増大サプリTOPへ

関連ページ

チントレにペニス増大効果はあるのか?
チントレでペニスのサイズアップをするのは難しいでしょう。日々トレーニングをするのが面倒だし、何より効果が出るまで時間がかかり過ぎます。サプリメントのが楽チンです。
ミルキングもおすすめできるペニス増大法ではない
ミルキングというペニス増大トレーニングがありますが、デメリットもありおすすめできるものではありません。本サイトでは、チントレよりもペニス増大サプリメントを推奨しています。
引っ張り系のチントレも効果は薄い
チントレの一種に引っ張り系のトレがあります。これもやはり、このトレ単体では効果が出にくいものです。より効果的にするには、サプリメントを併用することをおすすめします。