ペニス増大の長茎手術は効果なし

ペニスを長くする長茎手術とは?

ペニスのサイズを大きくする方法には複数あります。何もこのサイトでおすすめしているペニス増大サプリだけではありません。

 

その中には、外科手術によってペニスのサイズアップを行うものもあります。外科手術でも、特に、ペニスを長くするための手術として長茎手術があります。この手術の詳細について簡単に以下に説明をしていきます。

 

まず、根本的なこととして、長茎手術はペニスのサイズそのものを長くするものではありません。海綿体を長くすることは手術では出来ないということですね。

 

そうではなく、体内に埋まっているペニスを引っ張り出す手術となります。下腹部を切開し、その付近の人体の処理をすることで埋没しているペニスを引っ張り出すものです。

 

場合によっては、この手術のあとに、再び埋没することがないように、シリコンインプラントを切開部分に埋め込むこともあるようです。下腹部を切開するので、この手術後には痛みを感じることもあるようです。

 

結構、本格的な外科手術ということですね。また、糖尿病を患っている方は、感染症のリスクが高くなので手術を受けられないこともあるようです。

 

肥満体型の方は、皮下脂肪によってペニスが体内に埋没してしまいがちなので、長茎手術の恩恵を受けることは難しいようです。

長茎手術がおすすめ出来ない理由

本サイトではペニス増大法としてサプリメントの理由をおすすめしています。そして、長茎手術を含むペニス増大手術はおすすめしておりません。その理由を以下に述べていきます。ペニス増大のため長茎手術に興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

第一に、長茎手術は保険適用外の外科手術となるために結構な額の出費をしなければならない点です。

 

少なくとも50万円以上は覚悟しなければいけないでしょう。ペニス増大サプリメントを例に出すと、高くとも月に1万円程度です。この差は大きいですよね。

 

第二に、長茎手術には副作用のリスクが伴うという点です。下腹部にメスを入れ靭帯を処理するという大掛かりな手術です。当然、術後に副作用が発症する危険性からは逃れることは出来ません。

 

傷あとが残る。術後に痛みが残る。感染症にかかってしまう。勃起が正常に出来なくなる。などなど、これらの副作用のリスクからは逃れられません。

 

第三に、長茎手術をしても勃起時のサイズは変わらないということです。長茎手術は、あくまで、正常時の見た目の長さを大きくするものです。勃起時のサイズに影響するものではありません。

 

多くの人がペニスのサイズを気にするのは、勃起時ではないでしょうか。その場合は、長茎手術は全く意味のないものになってしまいます。

 

以上のことを考慮し、本サイトでは長茎手術ではなく、ペニス増大サプリメントをおすすめしています。

 

ペニス増大サプリTOPへ

関連ページ

ペニスを太くする陰茎増大手術はやってはいけない
ペニス増大手術のひとつにペニス太さを改善する陰茎増大手術があります。この外科手術もおすすめできるものではありません。費用、副作用などが理由です。ペニス増大サプリメントをおすすめします。